ANAマイルの貯め方・使い方ガイド>お金を使わずに年間21万6000マイルのANAマイルをためる方法

お金を使わずに年間21万6000マイルのANAマイルをためる方法

 

ANAのマイルをたくさん貯めるというのはそんなに難しいことではありません。

実際のところANAのマイルを年間に20万マイル以上ためるのはそう難しいことではありません。

 

特別な知識や経験、スキルがなくても、ポイントサイトを使ってコツコツポイントを貯めれば誰でも年間21万6000マイルを貯めることができます。

 

年20万マイルがあれば国内旅行はもちろん、海外旅行だってANAや提携航空会社の特典航空券で旅行できるようになっています。

 

このページではそんな私がANAのマイルを年20万マイル以上ためている方法をまとめていきます。

 

ちなみに、このページに書いてある作業をやるとしたら読む時間も含めて準備に1時間くらいはかかると思います。スマホでも作業できますが、パソコンで登録する方が時間も節約になると思います。

>>このページのURLをメールで送信する

 

飛行機に乗らず、カード決済もせずにANAのマイルを年20万マイル以上貯めるのは可能

マイルを飛行機以外で貯めるというとクレジットカードの利用で貯めると考えている方が多いかと思います。ただ、それだけだと、貯めれても年間のカード利用額×1%が関の山です。

 

年間に10万マイル貯めようとおもったら、1000万円もクレジット決済する必要があります。それってあまり現実的ではないですよね。

 

じゃあ、どうやって20万マイル貯めるのか?というお話ですが、ポイントサイトを活用して貯めます。ポイントサイトというのは、色々なアクションをすることでポイントがもらえるサイトです。貯めたポイントはANAのマイルにも交換することができます。

 

この交換の手法と、高効率にためたポイントをANAマイルに交換するポイント交換を上手に活用することで一人当たり年間で216000マイル(月18000マイル)を貯めることができるのです。

 

ポイントサイト(ポイントバックサイト)と聞いても「?」と思う方も多いかもしれませんが、普段から利用しているネットショッピングや日常の飲食店予約などにポイントサイトを「経由」するだけでかなりのポイントを貯めることができます。

また、上手にためていくためのコツも後述します。

 

  1. 1)ハピタスやポイントタウンでポイントサイトで月2万円相当のポイントを貯めます
  2. 2)貯めたポイントをPeX(ポイント交換サイト)に移動させメトロポイントに交換します
  3. 3)メトロポイントをANAマイルに交換します(2万円分ポイント→18000ANAマイル)

これだけで毎月18000マイルが貯まります。年間にすれば216000ANAマイルが貯まる計算になります。上記におけるメトロポイントを利用した交換ルートを利用することでANAマイルを超高効率で貯めることができるわけですね。

 

 

ポイントサイトの利用でANAマイルを貯めるフローチャート

このポイントサイトを活用すれば年に10万、20万マイルを稼ぐことも十分に可能です。

 


本当にそんなにポイント貯められるの?と疑問に思われるかもしれませんが、私は現に貯めておりますし、その方法についても「ポイント交換やポイントサービスでANAマイルを貯める方法」などでしっかりと説明しているので初心者の方でも取り組んでいただけるはずです。

 

 

まずは準備。色々と登録します

ここからは作業に入ります。まとめてやるほうが時間の節約になると思いますので、ガーっと勧めちゃってください。早い方なら10分~20分、入力に慣れていない方でも40分もあれば作業完了できると思います。

 

1)メールアドレスを用意する

ポイントサイト用のメールアドレスを作りましょう。
>>Gmail
>>Yahooメール

 

どちらかがいいでしょう。今メインで使っているアドレスとは別のメールアドレスを取ることをお勧めします。ポイントサイト専用のアドレスにします。ポイントサイトからはポイントがもらえる広告メールやアンケートメールなどが届きますが件数が多いのでプライベートなメールとは分けておくことをお勧めします。

 

2)ポイントサイトに登録する

以下の3サイトは外せません。必ず登録するようにしてください。複数登録している方がポイントの効率が上がるので、ANAマイルの獲得スピードが大きくアップします。

なお、不正申し込みの防止のためSMSか電話番号による認証が行われます場合があります。携帯電話をお近くに用意しておきましょう。

1)ハピタス
2)ポイントタウン
3)PeX

 

3)ソラチカカードに申し込みをする

ANAのJCBカード「ソラチカカード( ANA To Me CARD PASMO JCB)」に申し込みをします。年会費のかかるクレジットカードですが、いいかえればANAマイルを貯めるにあたってかかるコストはこの年会費くらいです。

 

ソラチカカードが届いたら、メトロポイントにログインできるようにしておいてください。ちなみにメトロポイントのIDはAMC会員番号、初期PWは生年月日です(パスワードは初回ログイン後に変更しておきましょう)。

 

以上で下準備は終わりです。お疲れ様でした。

 

ポイントサイトでポイントを貯めよう

ここからは実際にANAマイルに交換することができるポイントを稼いで行きます。

ポイントを効率的に貯めることができる方法については「ポイント交換やポイントサービスでANAマイルを貯める方法」のページでも紹介していますが、簡単にピックアップして説明します。

 

  1. 1)クレジットカードの申込で貯める
    年会費無料のカードならお金はかかりません。1件あたり1万マイルくらいもらえるような案件もあるので活用しましょう。
  2. 2)銀行や証券会社の口座を作って貯める
    こちらもお金はかかりません。証券会社などは比較的ポイント効率が高いです。1件で数千マイル相当を貯めることも可能です。
  3. 3)無料の会員登録をする
    こちらはあまり効率は良くないですが、会員登録だけなので手軽です。1件あたり数百マイルくらいの案件が多いです。
  4. 4)楽天などでの買い物はポイントサイト経由にする
    ポイントサイト経由で買い物をすれば通常のポイントとは別にポイントサイトのポイントも貯まります。ちりも積もればというレベルですが、バカにはできません。
  5. 5)モニターに応募してポイントを貯める
    「ポイントタウン」で利用できる案件です。店舗モニターや通販モニターで最大で利用額の50%ものポイント(マイル)を貯めることができます。
  6. 6)飲み会の幹事をしてポイントを貯める
    こちらも「ポイントタウン」で利用できます。劇的にポイントが貯まります。10人で一人3000円の飲み会なら1回の飲み会で一万マイル以上を一撃で貯めることもできます。

 

こうしたポイントサイトを活用した活動だけでも数千~数万マイルを貯めるのは簡単です。特に最初はクレジットカードの申し込みなどを活用すれば数万マイルはすぐに貯めることができるはずです。

 

 

ポイントが貯まったらポイントをマイルに移動する

ポイントサイトでポイントが貯まったら、次はそのポイントをマイルに変更します。
具体的な流れとしては下記の図の通りです。

 

1)ハピタス・ポイントタウンのポイントをPeXに移す

これはハピタス、ポイントタウンの公式ホームページ上で行うことができます。

 

2)PeXにポイントがうつったら、メトロポイントに移す

PeXからメトロポイントにポイントを移します。
PeX→メトロポイントへのポイント移行のやり方

 

3)メトロポイントをANAマイルに移す

PeXポイントがメトロポイントに移ったら、メトロポイントをANAのマイルに移します。完了するとこんな感じでポイントがマイルとして加算されます。

 

 

以上で、ポイントをANAのマイルに交換することができます。

 

 

おすすめ記事