ANAマイルの貯め方・使い方ガイドポイント交換やポイントサービスでANAマイルを貯める方法>ネット通販は必ずポイントサイト経由で行ってマイルをためる

ネット通販は必ずポイントサイト経由で行ってマイルをためる

この方法の難易度:☆
この方法のお得度:☆☆☆

 

やらないともったいない方法です。特にネット通販を利用している方は絶対に活用しましょう。これまでと負担は何も変わらずにANAマイルがプラスで貯まります。

 

ポイントサイトを経由して、楽天やYahooショッピングなどのECサイトでお買い物をするとポイントサイトが定めたポイントが、通常のポイントとは別に貯まります。

そのポイントをANAのマイルに交換することで、その分得をしようと言うのが趣旨になります。

 

ANAのマイルを貯めるなら「ハピタス」か「ポイントタウン」

まずは、下の2サイトの両方に会員登録してください(無料)

 

ハピタス
ポイントタウン

 

それぞれのサイトでログインして、所定のポイントがもらえる広告をクリックした上でお買い物をすればポイント(ANAマイル)がもらえるというものです。上記の2サイトは貯めたポイントの1円あたり0.9%の比率でANAのマイルに交換することができます(ポイント交換サイト経由時)。

 

普通のショッピングをサイト経由にすればプラスαのポイント(ANAマイル)が貯まる

たとえば「楽天市場」「ヤフーオークション」「Yahooショッピング」「ボンパレモール」「ニッセン」「ロハコ」「セブンネットショッピング」「ベルメゾンネット」「ベルーナ」「西友ドットコム」「セシール」「GU」「ファンケル」「DHC」「トイザらス」といったように有名なショップで買い物をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

 

こうしたショップでそれぞれお買い物をするとき、ハピタスやポイントタウンを「経由」しておかいものをすうれば、それだけで、ポイントがもらえます。

 

 

上記は「ハピタス」の例ですが、サイトにログインすると上記のようなページがあるので「ポイントを貯める」というボタンをクリックして、ハピタス経由でボンパレモールに行って買い物をすれば「3.6%」分がポイントがもらえるということになります。

 

もちろん、ボンパレが提供しているポイントと「重複」して受け取ることができるので、やらないよりはやった方が絶対に得ということになります。

 

 

ANAマイレージモールと言う手もあるがポイント効率を考えると上記サイトが上

ちなみに、ハピタスやポイントタウンと同様の仕組みをANA自身もANAマイレージモールと言う形で行っていますが、効率は上記の2サイトに比べると劣ります。

 

たとえば、ハピタスでは楽天市場でのお買い物で1%分のポイント(0.9%のANAマイル)が貯まりますが、一方のANAマイレージモール経由の場合は0.5%分のマイルしかもらえませんので非効率となります。

 

どうしてもポイントサイトを経由したくないという場合にはANAマイレージモールを使うという手もありますが、効率を考えるとあまりおすすめはしません。

 

ANAマイレージモール
ハピタス
ポイントタウン

 

おすすめ記事