ANAマイルの貯め方・使い方ガイドANAマイルの基礎知識編>ポイントを有利にANAマイルに交換するソラチカルートの基本

ポイントを有利にANAマイルに交換するソラチカルートの基本

ANAのマイルを飛行機以外のルートで貯める「陸マイラー(おかまいらー)」の方でしっかりとマイルをためている方のほぼ100%が利用しているのが「ソラチカルート」です。これは高効率でいろいろなサービスで貯めたポイントをANAマイルに交換することができるポイント交換のやり方です。
ANAマイルを効率的にためていきたいという方はこのソラチカルートをおさえておかないと絶対に損をします。

 

ソラチカルートとは何か?

ソラチカルートとは、「ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB」というクレジットカードを作ることで利用することができるようになるポイント交換ルートです。

 

 

ソラチカカード ANA To Me CARD PASMO JCB

ANAカードに東京メトロのTo Me Cardが一体化したクレジットカードです。空と地下鉄が一緒になったという意味で「ソラチカ」なわけです。

 

このカードの特徴は下記のANAマイルとメトロポイントで相互交換が可能になっているところに注目です。100メトロポイント→90マイルに交換できると書かれていますね。
1メトロポイントは1円の価値なので1円のポイントを0.9ANAマイルと交換できるわけです。

 

 

この交換レート90%というには実は異常に高いです。他のポイントだとよくて50%(1円相当のポイント=0.5ANAマイル)です。

 

メトロポイントはいろいろな形で貯めることができる

高効率でANAマイルと交換可能なメトロポイントですが、このメトロポイントをそのまま貯めるのは簡単ではありません。メトロポイント自体は東京メトロの乗車で貯まるポイントなのでそんなにたくさん貯めることができます。

しかし、下記のように「ポイント交換」を利用すればかなり簡単にメトロポイントを貯めることができます。

 

 

少し画像が小さいかもしれませんが、一番左はメトロポイントに直接交換可能な他のポイントプログラムです。

 

さらに、メトロポイントに直接交換可能なPeXやGポイントなどはいわゆる「ポイント交換サイト」であり、右側に記載して理うようにほかの様々なサービスで貯めたポイントから交換できるようになっています。

これを利用すれば、ほかの様々なサービスやクレジットカードで貯めたポイントをPeXやGポイントを通じてANAマイルに交換することができるわけです。

 

図にすると下記のような形になります(PeXを一例)。

 

1)ポイントサイトでポイントをためる
2)PeXにポイントを交換
3)PeXポイントをメトロポイントに交換
4)メトロポイントをANAマイルに交換

 

このような流れを作ることによって、ANAマイルをより効率よく貯める。これがソラチカルートとなります。

 

ちなみに、下の「お金を使わずに年間20万マイル以上をためる方法のまとめ」でも紹介しているようにお金も使わずに年間20万マイル以上を貯める方法というのはこのソラチカルートを活用することで実現することができます。

 

おすすめ記事